事例紹介

お仕立て事例

お仕立ての流れ

  • 1. 検反

    お仕立てする反物に汚れや傷などがないか等の品質を調べます。

  • 2. 地直し

    布地の織り方をチェックし、縦糸と横糸のバランスを整えます。この工程により、その着物に適した仕立ての方法を見極めます。

  • 3. 裁断

    ご希望の寸法に仕立てられるかを見積もりし、裁断に入ります。着物がより魅力的に仕上がるよう、細心の注意を払ってはさみを入れます。

  • 4. ヘラ付け

    縫い合わせを美しくするため、ヘラ付けを行って正確な寸法を記します。

  • 5. 裁縫

    いよいよ裁縫に入ります。坂間和裁所では、あぐらをかいて足の指で生地を挟む「男仕立て」という方法で仕立てています。

  • 6. 仕上げ・検査

    シワを伸ばすなどの最終仕上げを行い、仕立てた着物をチェックしていきます。問題がなければお客様にお渡しとなります。